« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/28

nji


s-2AMEODOSI動物の気持ちシリーズ-1

?甘えてんの
?怒ってるの
?威嚇してんの、、、かな?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/21

縦貫道イラスト

sdscf1932←座架依橋
sdscf1931←座架依橋北
sdscf1930←猿ケ島

sdscf1929←上依知
sdscf1928←相模原インター

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/18

ここに避難する

s-YAMANOSHELTER
その時どこに避難するか決めてますか?

私は、ここに避難します。

| コメント (0) | トラックバック (0)

高速縦貫道路工事中1

s-DSC00866
s-SA270024

s-SA270018
s-DSC01245

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヘルマート変換の調査士

仕事の話しですが、ひとつの宅地を測量する時に、おのずど測量
する範囲(広さ)にも限界があります。
まず、基準になる測量原点があれば探して動いてないかチェック
します。宅地の四隅にある境界のコンクリート標識も同様に測量
して他の図面と合っているかチェックします。
困るのは、ここからです。
民地の両側に違う測量基準点があると路線が違うことから微妙に
合わないのです。市役所に道路の台帳があり道路と民地の境界は
確定していてXY座標もあるのですが、合わないか、存在しない
場合がよくあるのです。調べると登記所に地積測量図があるので
すが古くて再現できないのです。たまに新しいのがあっても、な
ぜか道路台帳と合わないのです。
そこで考えます。
大規模に測量して基準点網の誤差の原因をみつけようかと。
古い地積測量図の作成者に連絡して資料をもらおうかと。
道路台帳作成当時に地積測量図を調査して参酌したかと。
今ある境界は一体図面上の境界を示しているのかと。
台帳以前に道路査定した結果はちゃんと反映されているのかと。
さらに地主が文句をいいます。
立ち会った覚えがない。
その境界は知らない間に入れられてしまった。
登記簿の面積は、最低限確保できなければダメだ。
2年前にも立ち会った。何度やるのか。
実質の管理者は私なのに連絡が遅い。
こんな暑い日に立会させるのは非常識だ。
あいつと一緒では協力できない。
(以下略)
で、合わないなりに現存する境界と手持ち資料の整合点を探す旅
にでることとなります。
その照合にヘルマート変換の手法を使う事が多いのです。しかし
その根底に前記した疑問や文句があるとすれば、正確に比較照合
した結果が5ミリあるとして、道路台帳が正しく実施されていな
い事を心配する場合には数学的な合理性の前に境界成立の過程の
検証と土地所有者の合意を先に考えねばなりません。
変換結果が良くても安心できません。
合理的に変換したとしても、忘れてならないのは、前提条件にな
る条件が具備しているかという点です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/12

町中の測量基準点

s-DSC01365

s-SA270036

s-SA270038

近頃、道路にいろんな標識がふえた!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/11

個人情報の漏洩

個人が保護しようとする情報について、なぜ漏洩する
のか考えてみた。
秘密にしたい情報をキーボードから打ち込みつつ安全
を確保するのは難しい。銀行の機械の前で自分の暗唱
番号を打つとは、そういう事だ。
個人情報をねらう不埒な人間に対向するには暗唱自体
を表現していては勝てない。暗唱を自分の内部に置き
必要な相手に伝えるには暗唱を変形してから送信しな
ければならない。ひとつの回答は公開鍵による暗号化
である。また、イーコレクトなどの対面処理も間にイ
ンターネットを介さないので有利である。ネットは公
衆回線であり公開を前提に出来ている。一旦自分から
発信した情報は暗唱であれ、個人情報であれ公開され
る運命と思わなければならない。
次世代の暗唱はどうなるだろうか。
たとえば友人認証の場合。銀行から払い戻しする際に
登録済みの友人の中から3人にリアルタイム認証して
もらい自分を証明する方法。携帯のセキュリティが上
がれば、友人が携帯を盗まれない限り安全に認証でき
るのではないかと思う。
今度は自分の生活情報の一端が友人に漏洩することに
なってしまうが、。

| コメント (0) | トラックバック (2)

2005/07/05

珍種発見シリーズ#1

nji


s-GES-SA270011「さて、この動物は!?」
わかるかな?

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »