« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/27

境界決定の専門家-1

s-5-TOTALSTATION

境界決定の専門家-1
(期待される専門家像)

1。【境界決定のシステム】
◇過去において我々が求める境界が「神のみぞ知る」との属性を持つと表現された事がある。
 その立場は、当事者に失望される。
◇当事者が期待するのは現在においての境界解明と将来にわたっての普遍性である。
◇昭和30年代の判例により所有者の意志では境界が決まらないものとされた。
◇困った地主は裁判所に、その解決を求めたが、裁判所も明文の根拠がなく悩むことになる。
◇基本的に民事裁判の制限である所の当事者の主張の範囲内での解決に規制されない。いわば公的な見地から境界を判示する事が可能である。
◇専門家として、まず行うべきは明治5年から現在に至る100年間の境界にまつわる”変化”の体得である。体得とは明治5年の境界決定の経緯のひもときに始まり、土地の変遷を全ての資料の上で”追体験”することである。過去の時系列上での出来事を左に置き、右には正確な測量結果の図面を置く。地元の「地誌」から時代的な経緯を知り、登記簿などの書類から行政的な変化を知る。過去の図面を現在と比較しながら定性的な属性を決定する。
◇次に技術的変遷を地域と時代と作製者から現地境界図面の1枚ごとに、その価値を評価付けする。場合によっては、未熟な図面を評価し距離数字を採用しえないと判断する。
◇これらの過程は当事者に伝えなければ意味がない。今まで専門家は結果の善し悪しが全てと考えて境界変遷の説明責任を果たしていない。説明してもわからない医学用語も今では必ず医師から説明がある。理解出来るまで説明しなければならない。この事は後で重要になる。
(つづく)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/20

Excel Viewer

マウスの右クリックに登録して使うと
ファイル名から中身が確認できるし、
印刷もできて便利!s-excelview170337


Excel Viewer 2003
Excel がインストールされていなくても、Excel ワークブックを表示、印刷、およびコピーできます。


s-excelview2-170448


ファイル名 : xlviewer.exe
バージョン : 1
公開された日付 : 2004/12/15
言語 : 日本語
ダウンロード サイズ : 9.9 MB
ダウンロード先:
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=c8378bf4-996c-4569-b547-75edbd03aaf0&displaylang=ja

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/05

境界は真ん中?

s-5-TOTALSTATION

境界の杭は真ん中が境界位置とは限りません。

全ての基本は境界標識の中心が境界点であることです。
境界標識が車両に踏まれたりした時でも損傷に強く、本来の境界明示機能を維持出来ます。
しかし、官庁主導では矢印の境界標識が主流です。それは民地への「はみ出し」を嫌うからです。
まず、道路との関係で見ると以下の分類になります。
s-1borderpegA4

さらに、マンホールなどがあって標準位置に入らない場合を考えると、、、。
s-2borderpegA4

境界を入れる位置と現地の状況に左右されるものですが、長い期間の明示機能を考えると、安易に矢印の標識を使用するのは間違いの元を残す危険があると考えます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »