« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/30

太陽真北測量

s-5-TOTALSTATION
【真北方位観測計算】
トランシットで太陽との角度を測定して真北を知る。
その為の準備としては、次のものがある。
 A.事前調査事項
1.現地測定点の経緯度
2.天文要素の調査(理科年表)
3.公共基準点の座標値(座標系)
4.ラップ機能付きのストップウォッチ

Sdiagonal02982

その日に行う作業としては、以下の項目を行う。
 B.測定事項
1.取り付け角度の測定
2.太陽位置角度の測定
3.観測時間記録
その後の計算は専用プログラムで行うのが普通です。
 C.解析計算
1.(プログラム入力)
Seyesight02979


その作業を通して、特に注意する点は多々あります。
【注意点】
1.必ず太陽フィルターを装着する。
2.フィルター落下に備えて下に毛布敷く。
3.太陽の右と左で観測する。
4.太陽の運行性質から昼前後の観測は避ける。
5.事前に南中時刻とその時の太陽方位角と仰角を調査する。
6.調査した角度に合わせてから太陽を探す。
7.観測した太陽方向に仮の目印を地上に設置し目安に使う。
8.観測2回目からは直前の角度に運行角度を足してたもので探す。
9.出来れば手簿者が予想方位を暗算して観測者に告げる。
10.観測者は予想方位、予想高度角に合わせた後で近辺を探す。
11.「均時差」の単位が「分」で理科年表に記載されている事。
12.取り付け角はふたつ以上の方法で算出し検証する。
13.他の方法1=南中時刻の高い地物の影とその地上点との方位観測。
14.他の方法2=公共座標あれば座標系の方眼北の偏角を算出して補正。
さいごに料金は4万から8万くらいでしょうか。ただ、公共座標が付近
に得られる場所では、偏角計算で充分ではと思います。
γ(分)=(λ0-λ)sinφ
[座標北からの偏角]=(基準子午線経度-観測点経度)×サイン(観測点緯度)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/13

スマートOCR

SmartOCR Lite Editionの紹介
s-SMARTOCR223158

ひとかもらったエクセルの表が印刷物であったら、手で入力しますか?
このソフトで処理して、
ワンボタンで取り込み終了の気分を味わってみて下さい。
フリーソフトのSmartOCR Lite Editionの実力はたいしたものです。
SmartOCRのサイトは、http://www.smartread.biz/
使用環境として、Microsoft .Net Framework 1.1 ランタイムが必要です。
あらかじめ、Windows Update か、
http://www.microsoft.com/japan/msdn/netframework/downloads/ より、
Microsoft .NET Framework Version 1.1 再頒布可能パッケージ
Microsoft .NET Framework Version 1.1 日本語 Language Pack
Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
の 3 本のパッケージをダウンロードして、実行前にインストールして下さい。
また、NET Frameworkには、セキュリティ問題が発見されているので
次のMicrosoft社サイトの場所でこの更新の詳細を参照して下さい。
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=38537
使用上の注意:
スキャナでスキャンする際には200DPIでは不足します、400DPI
以上にして読み込んで下さい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/08

愛犬といっしょ

nji


s-lovelydog
ゆとり旅 いつも愛犬といっしょ

■愛犬と旅する615軒の旅情報満載!
●定価 3900円(税込)
●A4判 かがり綴じ608ページ
●2005年5月発行
●JAF出版

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »