« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/28

新幹線より流線型

nji


JR東日本E4系電車
Maxやまびこ、Maxなすの Smarokansen


営業最高速度 240km/h
編成定員 763人
全長/全幅/全高 25000mm/3380mm/4485mm
編成重量 428.0 t
軌間 1435mm(標準軌)
電気方式 交流25000V 50Hz
ブレーキ方式 回生、電気指令式ブレーキ 2hayatekai

全車2階建車両で「Max」の愛称。ユニークな先頭形状から「カモノハシ」とも呼ばれる。 車体色は、白と青のツートーンでその境目に黄色の帯。
2本連結した16両の定員は1634人で高速車両としては世界最大級。
オール2階建て車両として開発された新幹線電車。
1994年に登場した2階建てニューバージョン。
E4系は、先頭部分の鼻先を突き出したロングノーズデザイン。運転室は航空機のようなキャノピー形のスタイルになっている。空力特性を追求して高速で走るときの騒音を少なくしている。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/27

登記測量のセオリー

s-5-TOTALSTATION

土地家屋調査士が登記に使うためにする測量の考え方。
実務の運用に限定して個人的な解釈で書いてあるので注意されたい。

Sroadoutput
測量は、第一に不正確なものを正確に捉える技術である。
なにせ日本の陸地は年間2センチ動いているし、道路の近くは振動や地形と土質の関係で継続的に移動している。打った基準点も少なからず影響を受ける。堅固な基準点も万全ではなく移動する。
では何に頼ったら良いのだろうか。測量体系に頼るべきである。
公共の骨格測量により1次点を作り、1次点から2次点を作る。順次、より高次の基準点から低次の基準点を捉える考え方である。これにより発生する誤差の変動範囲を意図した範囲に押さえ込める。
1つの筆を測量した時も同様である。あなたが、公共測量の基準点を使い、市役所の作成成果による道路境界点を使ったなら、必ずこの原則で考えねばならない。
Skakuteiroad

実際にあなたが観測したデーターがあり、それにより計算された境界点座標が求まる。
いつも発生する誤差により当然あなたのXY座標と市役所のXY座標は合わない。
前の原則で判断すると市役所の基準点と境界点が高次の測量結果である。いくら自分の観測に自信があっても、道路境界点XYを変えるわけにはいかない。あなたの観測値は検証の役を果たす。または、より細部の点のXYを求めるのに必要になる。
もうひとつ、あなたが観測した公共基準点に据えた場合を考えると同様の配慮が必要である。
測量では必要より多くの観測をして信頼性を上げている。冗長度の考えである。
1度で求まる観測を正反の2回、または対回で繰り返すのは冗長度を上げる作業である。
求まる複数の観測値の分散で、最確値と観測精度が表現される。
戻って機械を据えた点から逆打ちする時、あなたはXY座標として何を使うべきか。複数の基準点を観測したなら同様に求まる最確値を採用するべきである。そのまま市役所の基準点XYを使うか判断するべきである。その点が移動した可能性を考え危険因子を取り除くため最確値XYから逆打ち点の計算をするべきだと私は思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/21

取得時効は誰が?

s-TIMOKUtoukiicon195319
ここで取得時効による所有権移転登記を頼んだが、民間同志で行う場合、一体誰がこれを時効だと認めるのだろうか。

【登記原因証明情報】Sjikou1scan2002_000Sjikou2scan2003_000

官地の時効なら別途所定の許可承認手続きがある。
だがこの場合には土地を手放す方の地主さえOKすれば書類上は完了してしまう。登記官が判断するのであろうか。
しかし形式審査で実質の調査までするとも考えにくい。この件では、権利証がなかった為に元地主の印鑑証明書の用意で後は通知制度を利用した。
だから最初の実印捺印、署名、通知ハガキの受け取りぐらいで取得時効が書類上成立する。時効取得では農地転用申請も不要になる。権利証がなくても出来る。
なんとなく不安にならないだろうか。
きっとどこかに時効期間の厳しい規定や援用の必須条件の関門があるにちがいない。
のに、今の所そのようなものなしに、登記できてしまいそうだ。
(この項は追加情報入り次第変更の可能性あります。)

| コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/15

今日の猿ケ島

nji


S2sarugasimawalk


猿ケ島では田んぼの
畝返しが始まりだした。
遠くで圏央高速道路の
工事でダンプが走っている。
マロは、さっきから、事件の痕跡を嗅ぎ回っている?
こんな静かな村で事件は起こった!
たぶんそんな気がする。
マロの顔から余裕が消えた。
真相に鼻が近づいている。
鼻の動作速度から見てわかる。
長年の助手の勘だ。
でも、日が陰ってきたから帰ろう
事件は10分で迷宮入りとなった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/13

測地2000への変換

s-5-TOTALSTATION

測地系の座標変換の問題
変換をまぜこぜにしてはいけません。
日本測地系で面積計算して、世界測地系に変換した座標を載せるのはダメです。
どうしてって、所詮合わないから変換しているとも言える性質だからです。
数学的な度量衡の変換などと違います。合わないのを無理に合わせているのです。
地域的なパラメーターもそのためです。つまり座標展開して点間距離を比較したら合わないのです。どうかおまちがいなく。
測量の基本は、「測量」です。それを変換で求めようとするのが邪道です。
やむなく邪道を採用する場合には、それなりの注意を払わねばいけません。

日本測地系を世界測地系に変換するプログラム
http://www.gsi.go.jp/LAW/G2000/g2000-h3.htm88
Tky2jgd210445

トリビア-1
『TKY2JGD』の名前は旧日本測地系の略名「TKY」から測地2000の略名「JGD」に変換するプログラムの意味です。
トリビア-2
変換精度が悪いために使えない地域もあります。原因は基準三角点のデータの影響です。
http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/tky2jgd/attention2.html
アイサンテクノロジー社の説明があります。
http://www.aisantec.co.jp/feature/sokuti2000/index.html
トリビア-3
変換方法は、1種類ではない。それは、
1)TKY2JGDによる座標変換
2)測量をやり直す:改測
3)過去の測量データを使用し、計算のみやり直す:改算
4)地域毎に適した変換パラメータを用いる
トリビア-4
基準の更新により日本全体では面積が12万坪減少する。
新基準面がジオイドより約40m地球中心に近くなるからです。
よって座標変換により個人の財産価値に影響が出る可能性がある。
測量誤差は現実的には河川や公共道路にしわ寄せするなどして個人の土地の価値を下げたりしないような配慮は忘れてはならない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/03

首か肩か疑惑

nji


コーギーの首は長いのか疑惑S2oponeck270011
【証拠 1】

どこから肩なのかS2leftsa270017
【証拠 2】

どこまで首なのかS2upsa270046_3
【純粋? 3】
ま、どっちでもいいか!?

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »