« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/30

他人のXY座標

s-5-TOTALSTATION

他人の作成した座標を使う時の躊躇

土地について既に他人の測量したXY座標がある場合、そのDATAを
うのみにして使用していいか考えたことありますか。
Soldmapscan2151_000
それが道路台帳DATAである場合や国土調査結果である場合もある。
資格者である土地家屋調査士であったり、測量士作成である事もある。官公署等の吏員が作製者たる表示をしている地積測量図もある。
スタンスは明快である。より上位の測量精度であって境界認定の面でも必要な処置により成立経過に遺漏がないと認める場合には、自分の観測値でなく上位のDATAを採用する。より上位と認定できない場合には既存DATAの復元として捉え、その復元結果と観測値との間で時系列と物理移動の可能性の面から誤差判断する。最新でない測量成果を軽んずるのは合理的でない。自分の観測値は境界決定の作業においては絶対のものではない。測量を実施するたびに境界点位置がズレ続けるのは土地所有者の納得を得られない。また測量成果の価値判断と利用原則を誤解している。
最大限に過去の測量成果を評価して、自分の観測に組み入れて合成し、高次の測量体系に合わせて表現すべきである。
具体的なハウツーをできれば整理してみたいと企画中。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/22

s-5-TOTALSTATION
うまく検索するには各検索サイトを選ぶこともテクニックになる。

MOOTER

Smooterbunruigw134415
http://www.mooter.co.jp/
ムーター、検索結果を仕分け表示するWeb検索サイト
ロボット検索により検索結果をリスト表示し、結果を自動で分類表示するのが特徴。

見えるブラウザー
Smieruseachgw134942

http://www.marsflag.com/
MARS FLAG(マーズフラッグ)は日本産のロボット型検索エンジン。
検索結果が画面として表示され、目的ページをカンタンに探せる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/09

会議の進め方#4

前回(#3)動議可決からのつづき。

1)「3番目の議案の討論中ですが、意見が錯綜しています。」

  「議論を整理しますので、今まで出た以外の意見の方を先に致します。」

  「賛成の意見は・・・・・でした。反対の意見は・・・・・でした。」

  「これ以外の意見ある方は、挙手願います。」

2)「皆様の意見は、議決のためのもので、誰かを非難するためではありません。」

  「発言者は会場の議決権ある方の理解が進むように話して下さい。」

  「議事の討論に妨害と判断されれば、発言を禁止する場合があります。」

  「議長からの警告として受け止めて下さい。」Gityou4sa270007

※ありがちな間違いは、当事者の二人(質問者と回答者)の間の「会話」になってしまっている場合。会場で聞いている人が議論の外に置かれて二人だけが白熱している光景に出くわす。議長は、すぐに議論を整理し、要点をまとめ、その先への討論に進路を開かねばならない。へたをすると議長も良く理解していないのに、まあここらで採決をと提案する議長までいては実にガッカリする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/06

地元の高速道路

相模縦貫高速道路の今

相模縦貫の工事が進んでいる。
厚木市北部と相模原市が隣接するあたり。S2zenkei
高架を走る高速道路のためにコンクリートの橋脚が立つ。
平成22年に開通するのだろうか。S2
【いずれも相模縦貫道工事事務所HPより素材引用】
http://cherry.ayu.ne.jp/user/sagami/sora%20zenkei.htm
さがみ縦貫道路-上依知監督詰所

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »