« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/26

一筆地網平均の禁止

s-5-TOTALSTATION

一筆地が複数の基準点網に接している場合、基準点網のズレを
どう処理すべきか。
都市再生街区基準点の運用で誤差限度は、「街区基本調査
運用別表」により20ミリ以内で使用可。とある。
では、前面道路側と裏面道路側の基準点が相対的に30ミリ
の誤差があった場合の対処はどうすべきか
A.二つの基準点から別個に筆界点を観測し平均する。
B.より合っている基準点側から一方的に観測し位置決定する。
C.両方の基準点網を結んで新点を作り、その点から観測する。
ここで土地家屋調査士の準拠する基礎をどこに置くか考える。
Test017

1.筆界公示の性能を重視する。
 基本的に国民にわかりやすい事が必要で、検測結果が合う事。
 二つの基準点から平均した場合には、検測に誤差が直接出る。
2.統一した取り扱いにより作製者ごとの座標差をなくす。
 旧測地系(日本平面直角平面座標9系)または世界測地系
 距離表示も測地系上の換算距離を表示する。
3.後日の検証可能性を担保する記録を残す。
 計算の過程を明らかにし逆計算により再計算の確実性を残す。
 これは、Bの方式を取り、使用した与点を明らかにすれば可能。
 逆に一筆地の中で測点の平均などの操作を加えるのは検証性
 を阻害し再計算の可能性を閉じてしまう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/08

超越する技術-1-A



超越する技術-全3部作!!

1.時間を超越する技術!
2.場所を超越する技術!
3.記憶を超越する技術!
 仕事にも使える(?)技術を順番に「奥の手」として紹介します。

超越する技術全3部作-その1のA!
1.時間を超越する技術
 つまり、「ひまつぶし法」
電車の中の退屈な時間であったり、急に予定を変えられて現場で
長時間待たされるはめになった事はないだろうか。
そんな時に是非試してみて下さい。
Time2nowgw20070206212630
 A.呼吸法編
  ア)自己催眠法
    安眠のための自律訓練法(自己催眠)
→http://www.gussuri.net/010_10/ent256.html
一種の「座禅」とも言える。瞑想ではあるが、頭に浮かぶ
事象に捕らわれない自由瞑想を活用できると強力である。
電車の中で行うと乗り過ごさないし、退屈もない。
つまらない研修会も居眠りしないで済む。
  イ)二重発声法
  ふたしかながら、チベットの放牧民が羊に乳を出させる秘法
であり、羊が聞いて泣くという。多分、鼻から声を出して、
その状態で口からも声を出し、ハモらせて音波を共鳴させ
音の倍音を作って響かせるもののようだ。但し人混みでやると
誤解される。一人で車を運転している時にしよう。
解説を見ると:ホーミーとは一人の人間が同時に二種類の声を
だす歌唱法で主にモンゴル地方などで受け継がれている。
    ホーミーの種類には、鼻のホーミー・口と鼻のホーミー
声門のホーミー、胸のホーミー、喉のホーミーがあるという。
(次回作乞ご期待)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/01

スペースシャトル

nji



宇宙から飛来?!01_1ts370073

キーーン
回転軌道修正!02_2ts370074

グルーーン
着陸完了!03_3ts370077

ビッターーン


| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »