« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008/09/28

プログラムが開かない

使いたいソフトが開かなくなった!
どうする?

101selectprogram805

それは、拡張子ごとの関連付けの設定が変わったから。
不用意に色々なソフトを使うと、そのせいで変わったしまう。
で、。

201selectprogram104107

そのファイルをエクスプローラで表示させてマウスの右クリックで開く。
そこの「プログラムから開く」を指定する。
301selectprogram104452

使用できるファイル一覧の中から使いたいソフトを指定する。
フリーソフトの中にも拡張子の設定を簡単にしてくれる道具もある。

Extikou211826

拡張子から行こう♪
http://www.forest.impress.co.jp/article/2001/05/21/mykanrenzuke.html


| コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/24

宅地に道路がない。

建築での接道義務の話し。
昭和25年に建築基準法が出来た。
前身は、市街地建築物法〔昭和25年廃止]

2metersentrnce215423

その法律に、宅地は道路に2メートル以上接していな
ければ建築が出来ないとある。
どこかで読んだが江戸時代長屋の路地が6尺であった
ので後世の法律家が近い数字で切り上げて2メートル
にしたとか。

Sroad2metertouch_0019

ネット上にもこの接道義務で苦労する専門家の話しが
沢山ある。
未確認ながら建て替え建築の場合は2メートルなくて
も可能とかの話しもある、らしい、かなっ。

「H邸の新築工事-はじめに」
http://www.netpro.ne.jp/~takumi-m/kenchiku/ooo-ito_001.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/19

地積測量図は廃棄?

登記法が変わって地図情報システムが
稼働する法務局では既に地積測量図が
編綴簿に編綴されていない。
0919001stisekibosatupict0106

地積測量図が欲しい人は窓口で申請し
て複写したものをもらう。
問題は土地家屋調査士の場合。
どうしても自分で図面の存否と要不要
を判断したいので閲覧で見たくなる。
ここに落とし穴。新しい図面は編綴さ
れない。簿冊にないから、なしと判断
しては再調査になる。
0919002sumpleatutisekisokuzu820


編綴されない地積測量図はどこへ行
くのか。聞くところによれば申請書の
末尾に閉じて一緒に保存される。
だが、保存年限は1年でなく、永久と
なるらしい。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2008/09/17

犬型メモとメモスタンド

Memostandwithmemopadp1041792

Memostandp1041789

by YKFACTORY

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/08

ハリーポッター下巻

「死の秘宝」(下巻)読書中-報告#2
Sbookouterdscn0270

話しは後半の佳境に入り、すさまじ戦いに巻き込まれて行く。


S001dscn0271

物語りが始まった頃の雰囲気は消し飛んだ。

S002dscn0272

描かれる場所もめまぐるしく移動しまくる。

S003dscn0274

その中で気がついたことがある。本の中の・・・・・・・・・・・・・・・。

S004dscn0276

各章の扉に画かれたイラストが最初は・・・・・・・・・・・・・・・。

S005dscn0277

たいしたことない。と思っていた。実は近寄って見ると奥が深い。
読んだ後で、扉に戻ってイラストを5分眺めるとわかる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/04

網膜ディスプレイ

ブラザー工業は、網膜に光を当てて映像を映す、
眼鏡型の網膜走査ディスプレイを2010年に発売する。
Diplay1malegw20080904213931

25グラムと軽く、かけると手の先当たりに
15インチのディスプレイが見える。

Display2femgw20080904213527

試作機の表示解像度は800×600ピクセル、
フレームレートは60fps。

Display3ontraingw20080904213519

液晶ディスプレイやCRTディスプレイよりも
広い色域を再現し、高画質な映像を表現できるという。
光はごく弱く、消費電力を低く抑えられる。

Eyeglass4displaygw20080904213521

http://www.brother.co.jp/news/2008/rid/index.htm


| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »