« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/24

DelonghiEAM1000BJA

Coffeetaste

Delonghi製全自動コーヒーメーカーEAM1000BJA

Coffeemachine

今の気分から珈琲を選ぶと
加藤珈琲店
http://www.katocoffee.net/category/416.html


| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/19

地積測量図の座標相違

あなたが提出する地積測量図の座標が既提出の地積
測量図とちがう時どうするか。
他人の作成した地積測量図を申請外で訂正する事は
登記が予定していない。つまり方法がない。
また、座標値の相違に関する規定がない。あるとすれ
ば、基礎となる測量作業が規定に基づいて誤差内で
実行されている事である。この事は土地家屋調査士
が考える正確さとは異なる。
基準とする測量系の次元と誤差管理を理解して利用
する必要がある。測量体系に準拠する以上、いくら正
確に測量しようとも利用する測量系の不正確さは、引
き継ぐことになる。
土地家屋調査士は自分の測量に絶対の自信を言う
人がいる。しかし、ムダな正確性である。元にした測
量系の精度は絶対に越えられないのだから。
では、不正確でいいのか。


3tisekimihon7


いいえ。
測量士程度でいいなら、それでいいが土地家屋調査
士の責任は、その先にある。現地でミリ単位の境界
協議が可能ならば、それを表現し、保存する方策を講
じるべきだ。地積測量図は、使用期限がない。責任も
永久にある。それは土地家屋調査士としての責任を
問われる訳で、測量士としての責任ではない。
よって、測量誤差内だから2センチ範囲のどこでもい
いんですと地主に説明はできない。
また、逆に基準点測量が再整備され旧前の基準点
座標が改正された時、当然に筆界座標が移動するこ
とはない。現地は動いていないのだから、動く(変更
する)のは新基準点体系上の筆界座標であり、現地
を新座標に合わせて修正する発想はない。
あくまで土地家屋調査士としての行動を求められる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/13

はつかねずみ かなっ

Snotamousep1042800


いいえ、はつかねずみでは、ありません。


Realmouse105419

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/06

2項道路の成り立ち-1

なぜ接道義務の定義が幅員4メートル以上の道路なのか?
その歴史とは?

Engisikiroad20090130141602085_0002


ずっと遡って平安京の道路規定に「延喜式」があり、大通り
84メートルから裏通り3メートルまで計画的に設定された。
これらの道路へ接道した訳である。
10setbuck


中略して、その後の接道義務について見て行こう。大正8
年の市街地建築物法に2・7メートル以上の道路への接道
義務が規定された。この市街地建築物法が昭和13年に
改正され接道義務は4・0メートル以上となった。


S20setbuck


はたして、この接道義務は理想的な要件を備えているのか。
次回以降に少し調べてみたい。


| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »