« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/30

I can catch you-bestshot

Icancatchyousa270008


2010/01/21

この端末は登記ガイド機!

今月に設置された端末は、商号調査と登記申請ガイドのため
の機器でした。
画面にタッチして順に選択して知りたい情報を得るもの。
出来たらネット端末の方が使い勝手がいい。

Gideterminaldsc00478

2010/01/20

地積測量図の閲覧技法-1

地積測量図の閲覧技法-1
昔の様に地積測量図の簿冊を法務局で取りあえず出して
もらえば、あとは、それから考えても良い時代は、終わった。
この当たりでも数年前から地積測量図は、図面としてでな
く、申請書の添付書類として分類され、結果は地積測量図
簿冊に編綴されなくなった。そして過去の地積測量図もス
キャンが完了し、電子化となり、窓口で閲覧を断られるよう
になった。
土地家屋調査士としては、そんな事認められない。
地積測量図をゲットする事は、単に該当番地の測量図を手
にするだけの意味でないからだ。
この辺が乙号事件を扱う担当者に理解が足りない。
一つは、時系列の中で地積測量図を位置付けるから、最終
の図面のみが意味を持ち、有効であるという判断が成り立
たない。
例えば、順次3分割された土地の場合、最終の分筆の際
の測量図に2番目に分筆されたの土地の面積や筆界点間
距離がない事が、普通である。これは、残地求積の典型的
処理のせいである。
ならば、2番目の土地の地番で請求すればいいと考えるか
も知れないが、2番目の土地の地番は、3番目の分筆申請
の元番であり、図面のタイトル地番に元番を含めて書く人も
いて厳格でない。
また、全地求積で残地も求積している事があるし、地積更
正と分筆を一遍にしている場合もありうる。
窓口担当者が単に申請地番と図面のタイトル地番が合うよ
うに検索したならば、求める図面が出ない事態が発生する。
同じく、完璧を期すために2番目の土地の調査で3番目の
分筆図面も欲しい事もある。それは、同じ筆界間距離が二
つの図面で同一でないことがあるからだし、一つ前の分筆
結果が登記推移調査に役立つからである。
このためには、本当は地積測量図簿冊を手繰りながら、登
記推移と同時進行で現地の時系列変化を調査士の頭のな
かで、土地の歴史として構築しながら理解する作業が結局
は登記の間違いを防ぐ効果があり、公図記入の分筆線の
不適切を発見できる下作業でもある。
今日も地積測量図の閲覧をだしたが、のっけから閲覧ほん
とに必要なんですかと聞かれた。閲覧したら証明としては
発行出来ないので、単にコピーとなりますがいいですかと
言う。もう1筆を別途申請したら求める図面でなかったので、
再検索を頼んだ。そして欲しい図面を、まちがいなくお願い
するには、どうしたらいいのか聞いた。
担当者は、請求用紙を出す時に「閲覧」とも「交付」とも書か
ず、窓口で事前に簿冊を確認したい旨言ってもらえば、間
違いが防げる。そして、証明として地積測量図を発行でき
ると教えてもらった。
土地家屋調査士は正確な登記をしようと努力している。
法務局側もその理解をして欲しい。
運用の変化で貴重な資料が調べにくくなった。

2010/01/08

ドアツードアの乗り換え案内

乗り換えアプリが親切にバージョンアップ。
それこそ家から訪問先までの全部をアシストしてくれる。
これで完璧。

Trasfermap1

スタート地点とゴールを入れるのも簡単。

Transfermap2

あとは実際に行くだけ。

2010/01/05

LYINGFLOOR-BESTSHOT

Lyingfloorbestshot4

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »