« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010/07/31

Are you HACHI?

Shachidsc03230


2010/07/23

2画面のPDA

文章を考える時、普通は事務所のPCでキーボード
入力する。他の場所では丁度いい入力デバイス
がなかった。

W100tosiba
この2画面モバイルは手元1画面をキーボードに
して上の画面に入力していける。

Wscreenpda20100723210702
標準で大容量バッテリ付属でなんとか半日持ち
そうなので使えるかもしれない。
今時はこんな小さいPDAでもWINDOWSが載
っているんだから有り難い。
ダブルタッチスクリーンのUMPC
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2010_06/pr_j2101.htm
WSVGA(1,024×600)LED液晶
2画面 (省電力LEDバックライト)
62GBSSD/2GB
質量約699g/駆動時間 約2.0時間
WiMAX通信モジュール搭載
Bluetooth搭載
Webカメラ搭載(約102万画素)
電子書籍ビューアー
WindowsR7 Home Premiumを搭載
2画面タッチパネルと加速度センサー

2010/07/15

Is it tail?

Snottailp1043250


2010/07/13

三脚の据え方-2

トラの据え付け(理想と現実)
理想と現実または原則と実情(トラの据え付け)
必ず理想手順を理解しておかなければいけない。
先輩から実務手順だけを教えられて信じてはダメ。
それは理想手順を決めるだけの理由があるから。
それを知った上で自分手順を決めよう。
トラの三脚をセットするには、三脚のみで測点上に
置き、下げ振りで中心を合わせ、皿を水平にする。
トラを付けたままでなど、もっての他である。
三脚を踏み込む際に衝撃が係ったり、最悪転倒の
危険がある。
とは言うものの時間に追われる人々も多い。
その人達は、どうしているのか。
測点間の距離がある場合は必ず理想手順にする。
敷地の中の測量でトラバー点間が近い場合に、
一度ケースに収納して次の点に移るか。

Storakansokudsc03569

もし、トラを付けたまま移動すると決めたら・・・・・。
左手でトラを確保しておいて、三脚の足を1本ずつ
地面から抜く。
全部抜いたら直立させ、ショックを与えないように
脚の長さを運搬しやすい長さに縮める。
左手でトラ、右手で脚を押さえ、体側に垂直に抱え
て移動する。
次の測点で静かに下ろし、左手でトラ押さえたまま
三脚を開く。三脚が安定している事を確認して手を
離す。皿がほぼ水平になっているかチェックする。
三脚の3本の石突きの位置を動かして中心を軽く
合わせる。
この時、トラの求心望遠鏡を覗いて合わせる。
次に石突きを踏み込む。但し急いではいけない。
踏み込む脚の根本を左手で確保し、伸縮脚の調
整ねじを右手でゆるめる。
ゆるんだ状態で石突きを踏み込む。これで衝撃を
防ぐ。調整ねじを適当な長さにしてロック。
他の2本の足も同様にする。
最初に求心望遠鏡で測点に合わせておくと、脚を
踏み込んだ後でも合っている。取りあせず大体合
っている事を確認して微調整は後にする。
三脚の長さを調整してトラの円形気泡管が中心に
来るようにする。
この時、動いた気泡がどれか1本の足の調整で決
まるような位置に誘導しておくと後が楽になる。
つまり、気泡の調整方向が脚の方向と同じになる
ような位置にするといい。
円形気泡管で中央にしたら、トラの気泡管または
気泡画像かデジタル求心で大体中央にする。
次にトラの求心望遠鏡で水平移動させて測点の
真上にする。
もう一度水平調整操作をして、再度求心を確認。


2010/07/09

宇宙の遠距離恋愛

七夕の織姫星と彦星は、超-頻繁に会っていた?!(事実!)
星の一生は長い。少なくても10億年はある。
で、一年に1回しか会えないと同情される七夕の星は、人間に
置き換えると1分間に20回以上会う計算になる。
なんと3秒おきに会っている事になる。
そして遠距離恋愛。二つの星の間の距離は15光年。
約150兆km(遠い!)

(下の画像をックリックして拡大!)
Tanabatagw20100709100823

(KENKO星空散歩(株)ケンコー)
でも最近ハワイにある日本の「すばる望遠鏡」は、128億光年
も遠くにある銀河を見つけた。
まあ遠距離恋愛=東京駅から長崎駅として、約1350キロ。
二つの星の間の距離15光年をこれに換算すると、、、、。
東京を出た彼氏は、電車が走り出してホームを出ない内に、
彼女に会える。(近!)
どんだけ宇宙が遠く、広いかの話し。
織姫、彦星は、恵まれている。


« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »