« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/05/28

梅雨入り

35tuyuraindrop20110507105856146_0_2

梅雨入り? by YK


2011/05/26

ローズガーデン

川崎市生田にある「生田緑地ばら園」
いま見事なバラの花々が咲き誇る。
「東洋一」の規模というが、私が知る限り
外国のバラ園に負けない。
Rosegardenview1010670
ロケーションも周囲が緑の木々で囲まれ
素晴らしい。
2rosegardenyellow1010666
平成23年・春の開苑スケジュール
平成23年 5月19日(木)から6月5日(日)
休苑日 月曜日(5月23日、30日)
Rosegardencloseup1010651

開苑時間 [火~金]午前10時~午後4時30分
[土日祝] 午前9時~午後4時30分
入苑料 無料
Rosegardenshop1010662
バラの種類 (春)533種、約4,700株
神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号
http://www.ikuta-rose.jp/open.html


2011/05/23

測量成果の公表停止

東北地方太平洋沖地震に伴い、東北地方及び
その周辺で地殻変動が大きかった地域の基準
点測量成果の公表を停止した。
神奈川県から北側の全部がダメ!
Kouhyouteisi00201
http://www.gsi.go.jp/common/000059118.pdf
       《国土地理院提供》
国会議事堂の前にある水準原点も沈んだらしい。
土地家屋調査士としては、登記申請に添付する
地積測量図の座標表記の方法に変更がある。
横浜地方法務局管内の扱い基準としては、未だ
非公式ながら次のようらしい。
全部の場合共通で「測地系表記」は「任意座標」で
ある旨を表記する。その上で、、、
1.地震前の公共測量成果利用の場合
 対応A→地積測量図余白に地震前測量等の付記
 対応B→調査報告書に測量結果が公差内の記入
2.地震前の任意座標成果利用の場合
 対応A→地積測量図余白記入不要
 対応B→調査報告書に測量結果が公差内の記入
3.地震後に測量した公共測量成果の場合
 対応A→地積測量図余白記入不要
 対応B→調査報告書の特別の記入不要

2011/05/19

高速圏央道工事

ダンプカーがたくさん動いて工事が進んでいます。
Hiwayconstyamagiumasloop1010634


ROSE-MARO

Roseandmarop1010633_2


2011/05/11

iPhoneの憂鬱-完了編

2cameramancorgie20110507105856146_0
PCの容量不足であるとにらみ、Cドライブに
Dドライブの一部を統合して容量を増加。
その後、通常通りiPHONEつないで同期し、
次に新しいiPHONE4をつないで復元。
出来ました。
写真が少し移せなかったがまあOK。
この後、保存のデバイス名を変えて同期した
いのだが、そこがわからない。
前のデバイス名を使わないのは、念のため、
触らずに残したいから。将来あの時と思わ
ないための予防策として。

2011/05/07

熱狂の日 音楽祭

熱狂の日 音楽祭2011
音楽の祭典、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン
「熱狂の日」音楽祭2011に連休の真ん中に行って
きました。
Musicfairintokyo49546

場所は、有楽町駅、東京国際フォーラム。
音楽は大して詳しくないけど、この建物には何回
来ても素晴らしい。
http://www.t-i-forum.co.jp/general/index.php
http://www.t-i-forum.co.jp/general/guide/

2011/05/03

iPhoneの憂鬱-解決編

PCの能力不足であるとにらみ、フリーソフトで
Cドライブの容量拡大に挑戦。
たしかにDドライブの一部を切り出す所までは
OKだった。しかし、その切り出した部分をC
ドライブに統合(マージ)は出来ない。それは、
上位版の有料版で行って下さいと表示された。
近くのPCショップで一番安い統合アプリを約
4千円弱で買い、統合を試す。
1cutoout3609
切り出した所の最大部分をCドライブに統合
するよう指定して実行。出来た。
しかし少し元の所に残ってしまった。あまり
にも容量の少ないドライブとなり起動時に
注意が出るほど。しかたないので、その領
域を開放した。
2ido3608
そしてiTUNEsで再び現状(旧v3)の保存と
新機種への復元を試みる事になる。(次回)


2011/05/01

新緑の候

「屋根より高い、鯉のぼり」
Kogikoinoboridscn3605


« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »