« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011/11/30

小学生が調査士を体験

香川県財田中小学校に土地家屋調査士会員が訪れ、
測量体験を実施。
2jhityou316
土地家屋調査士の仕事を知ってもらい、興味を持って
もらうことが目的。企画は、、、.
▲三角形を基準に巻き尺一つで角度の割り出し体験
▲運動場にかかれた五角形の面積を測定
▲みんなで考え、みんなで協力して、宝の場所さがし
▲模型の地球儀から太陽の位置を説明
▲10年前にGPSで設置した基準標石のココ石
香川県三豊市HPより
http://www.city.mitoyo.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=7579  

2011/11/28

イタリア人による世界地図

今から400年以上も前にイタリア人が世界地図を作っている。
日本だけ見ると、非科学的にも見えるがちゃんと天文学と地
学の知識を土台にしていることが右下の図からわかる。
Itarianmap11045974
膨大な費用が掛かることから商業ベースで作成されたかもし
れないが地図を作ろうという熱意がなければ到底無理な話し。
Itarianmap21045975
その情熱をもっと感じたいと思う。たとえ一筆測量であっても
気持ちは同じでありたい。


2011/11/23

レトロな図化機

昭和40年代の最新式図化機
航空写真を人間が読み取り機械を操作して図面化
する、その機械。
Zukaki1045985
なんか複雑なボディービルダーのようにも見える。
Zukaki21045988
今でもこの時代の航空写真を見ると裏でこの機械で
奮闘して地図を作った技術者が見えてくる。
(国土地理院展示から)

2011/11/15

市役所が先生-その2

登記のABCについて詳しい説明がある市役所のHPから
Teavherminokamo307
(クリックして拡大)
美濃加茂市HPから
http://www.city.minokamo.gifu.jp/seikatu/answer.cfm?id=23229&g1id=8

2011/11/10

CORGIE-RABITT

Rabitstyle107


2011/11/09

明治の調査士の先祖

いい話を聞いた。
11月9日に埼玉県土地家屋調査士会の研修会
で聞いた話(講師=鮫島信行氏)
地籍調査がなかなか進まない話から公図の扱
いの移り変わりの話になり、その不正確さの話
になった。現今でも明治期の地図が不正確な
まま利用されている一方、この主役の目賀田
種太郎は韓国で政府を動かし400名の技術者
を育て上げ、今の日本の地籍調査の30倍の
予算を政府に出させて地籍調査を完成させて
しまう。
Gakoudaigaku301
日本は自分の国の地図を放っておいて台湾、
韓国、一部で終わったが満州の地図を網羅
的に完備させてしまった。軍拡の力かもしれ
ないが、すごい能力を持った国だった。
なのに今の日本国土は寂しい限りである。
この目賀田種太郎が専修大学も作ったという。
その130周年記念で、この映画が作成された。
明治期のパワーと人の意思の力を思い知る、
そのためにDVDを借りてこよう。
学校をつくろう-映画
http://gakko-movie.com/
専修大学130周年記念映画

2011/11/05

いもチャレ収穫祭

いも(べにあずま)が収穫出来ました。
Imoimo1111049872
最終的に50人となりました。
Imoimo2221049882
いもの天ぷら、焼き芋、大根の味噌汁・・沢山
食べて両手に持ち帰りの「いも」
満足いただけたみたいです。
役員の皆さん、お手伝い下さった皆さん、
楽しくできて、ありがとう。
また、次回の企画で会いましょう!

2011/11/01

登記所を動かす9社

この会社に任せて大丈夫なのか
全国の土地家屋調査士は、この会社の対応で
苦労していると聞く。スキルを磨いて下さい。
安値入札では無理があるのでないですか。
Otugoujimu123
司法書士からも以前の対応から技能が低下した
と不満が出ている。
改善されないなら登記行政にマイナスが大きい。
引用した表は、東洋経済社HPから。
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/44b8cce655b75987adb63870e6c2b0cf/

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »