« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012/04/24

圏央道-厚木PA#2

続き
圏央道-厚木PAの最新情報
PAの外から一般客が利用出来るようになる。
海老名PAと違って、ちゃんと専用駐車場がある。
図の赤い部分が上り線用で下り用も用意される。
Snextpaatugi_2
しかし、ここは田舎!来年に道路が開通してもPA
の店舗が営業開始する訳ではない。
どうみても少ない通行量で経営は無理がある。
で、多分この道路が八王子までつながった時に
本格オープンとなるのではないか
でもトイレや自販機ぐらいは整備されると思う。

2012/04/22

縮尺係数を調べる

計算時の縮尺係数を調べる
それには、貰った基準点の成果表を見るなどの
方法があるが、カンタンにグーグルマップで調べ
られる。グーグルで現場の地図を出すだけ!
Keisuumapgoogle490
これは東名高速の厚木インターだが、この位の
縮尺なら、どこでも下8桁の数字は同じ。
ちなみに東西の係数なので、南北に動かしても
無意味なので、お間違えなく。
もちろん使用前に基準点の成果表で数点は、
ちゃんと結果が合っているか確認して下さい。
グーグルマップ
http://www.n-survey.com/online/gmap.htm

2012/04/10

調査士はネコ型?

測量士は、忠実な「犬」
土地家屋調査士は冷徹な「猫」
と分類される
典型例としてわかりやすく二分するとの例

Catanddog477_2
なぜなら、
「測量士」は、指示された境界を正確に測量する
「調査士」は、提示された境界を普遍的に調査する。
微妙な言い回しであろうか。
測量業では、境界の関係者の意見が1点に収束して
、誰もが位置を承諾すれば問題なく決定し、その事に
よって以後の責任を問われない。
一方、調査士は、関連地主の意見主張を丁寧いに
聞くが、根本は土地の登記制度の保護する解決の
形に拘束される。つまり、いくら全ての地主の意見が
一致し、ブロック塀もぴったりで、境界杭も合致して
いてもダメな場合がある。登記の保護してきた境界
が踏襲されている事を確認しなければならない。
決定した境界位置が過去の地主の権利を侵害せず
また、次世代の新しい買主の権利を未来に亘って、
保護していく保証をあたえなければならない。
当然その責任を調査士は負う。
あたかも登記行政を背負っているような行動をする
調査士を素人にわかってもらうため、いろいろな物
で例えて説明するトライアルケースその1です。

2012/04/04

マロ式ー002

Marosiki2431
by YK-ART AND FREE

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »