« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013/07/28

H25地元の夏祭り

Sh25bondance010978
役員の皆様、おつかれ様でした。


2013/07/22

いも畑の雑草

地元で作る「いも」の畑も大分雑草に覆われた。
自治会の有志で草取り作業を開始、あつい!
Simokusa001p1010976
朝9時から初めて1時間!やっと、ココまで。あと少し。
Simokusa002p1010975
畑の一角に植えたカボチャに花が咲いた。
Simokusa003p1010969
さらに内緒だがスイカも大きくなり始めた。来週のお祭りに
間に合うかは、ちょっと時間がない。
Simokusa004p1010970
10月の収穫祭には、是非大勢が参加して下さい。

2013/07/15

クリオネ厚木で会える

暑い夏も「クリオネ」を見れば涼しくなる。
Squrione01_4006
行けない人は「動画」を見つけて癒されて下さい!
Qurione0021291
神奈川工科大学厚木市子ども科学館
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/H24/clione/index.html

2013/07/10

私が登記官なら通さない?!

自分で出して置きながら言うのも変だが登記
の必要充分条件は融通が利かないものだ。
直接証拠がない場合でも脇から傍証を集めて
登記事実の真実性を明らかにする。
単に現実の今を証明する事で足りるなら今の
土地所有者と隣接土地所有者それに接する
道路や水路や畦畔などの官署の証明や立会
を求めてはんこをもらえばいい。それでたりる
なら苦労はない。
融通が利かないものの一つに過去の登記記
録の事実がある。これが「残地測量」や「無
立会」や「図上分筆」であっても一旦登記所
に登記されてしまったら登記事実となる。
新しく登記される事項の判断基準としての真
実となる。
登記申請の却下事由に規定があり、登記法
第25条の11.表示に関する登記の申請に係
る不動産の表示が第29条の規定による登
記官の調査の結果と合致しないとき。
とあり、第29条の登記官による実地調査では
登記官は,表示に関する登記について当該
不動産の表示に関する事項を調査できる。
とある。つまり、登記官が調査した地積測量
図があなたの出した地積測量図と符号しな
ければ却下できる。
合わなければ合わない登記所の地積測量図
を先に測量図の訂正で直す途がある。
しかしである、隣地の地積測量図や役所が
昭和の時代に納めた地積測量図を直すのは
簡単でない。解決手段がある事と解決可能
な事ととの間には大変な違いがある。
(以下、次回につづく)

2013/07/04

凄いカーナビが

車載カメラとネット接続とGPSが複合して進化した。
Snavi0011261
進化しすぎのカーナビ(カロッツェリアAVIC-VH0009HUD)
ジャンルを越えてビッグデータやユーザー共有データの
世界が仮想現実のフロントウインドウ表示で、まるで、
戦闘機のコックピットのようになる。
Navi0021258
クラウドを通して情報通信しながら走行する。
前方カメラを備えたカーナビは他車の見る風景を自車
の画面に情報として取り込む事が出来る。
それも画像解析された必要情報の形に変えて見せて
くれる。2キロ先のPAの様子、3キロ先の店舗の駐車
の状況をみる事が出来る。現地に到着する前に現地
の様子が全部わかってしまう。
親切過ぎる機能もてんこ盛り!速度標識を認識し制限
速度を教えてくれる。前方の横断歩道を教えてくれる。
Navi0031246
信号停止で赤信号が青になったら知らせてくれる。
ネットの力で音声認識しカーナビ機能を利用出来る。
車線レーン認識で居眠りも防ぎ、車間距離注意もする。
すぐに前方車両の自動追跡や車間検知で自動停止、
自動発進、車庫画像から自動車庫入れ、事故時警察
への自動通報、犯罪者手配写真データから前方横断
中の顔認識で警察に通報、訪問予定者への自車位置
お知らせサービス、濃霧時のAR前方道路の仮想表示
まるでSFの世界がすぐに手に出来そうだ。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »