« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014/06/25

圏央道で30分でリンク

じきに圏央道が「東名」と「中央高速」の高速道路ネットワーク
を形成する。高速の多重化とネット形成で今までのアクセスが
変わる。
2afte628ropen2769
変わるのは時間距離に比例した「あそび」や「観光」のパターン。
「足湯」のある喫茶店に30分で行ける。町中にコーヒーを飲み
に行く変わりに郊外の「足湯」に同じ時間で行ける。
これから、そんなビジターポイントを開発する楽しみが増えた。

2014/06/16

不正確にする「補正」

基本的に「補正」は、より正確にするために行う。
「補正」の全部がする事で「正確」に近づくと勘違
いしている調査士がいる。
とんでもない事だが正確な観測結果を「ズラす」
補正もある。
Figsyukusyakukeisuu2668
その一つが「縮尺補正」だ。これは、同一座標系
の中で最低限維持すべき精度を確保するための
誤差の導入であり、座標系中心位置でマイナス
誤差を導入し、周辺に向かって集積する誤差を
うち消して、域内のトータル誤差精度を確保する
もの。
Steelborn2670
測量が何のためにあるか考える時、例えば工場
建築の鉄骨配置作業であれば、必要な測量は、
「縮尺補正」されていない生データである。
でなければ現地で鉄骨位置が合わない。
同様に「温度補正」も建設時温度を考慮すれば、
一様に「温度補正」すれば不正確に補正する結
果を招く。
何のために、どの補正をするか、又依頼相手に
提供した測量結果の性質が事業目的に合致す
るか、必要な時に説明できるようにしていたい。

2014/06/12

自動運転車の試作車公開

もう自動運転というより、完全な「自律運転」の車。
運転手がいらない、従って運転席という概念もない。
車の中の全部の席が客席状態で、極端に言えば
全員が後ろ向きでおしゃべりしてても構わない。
屋根の上のカメラで「顔認識」技術の進化した画像
情報処理と他車交信情報、道路管制情報などを
取り込んで車をコントロールして、「走らせる」。
Selfd12520_2
安全というより、将来的な主眼は、車の経費節減
にあるらしい。それも外部に掛かる経費で、高速
料金や自動車保険や交通標識また大気汚染対策
などの経費を抑える手段として有力であるという。
それらは、一括して「外部経費」というが、その話
しは次回。
Selfd22517_2
米グーグル自動運転車の試作車公開。
http://googleblog.blogspot.jp/2014/05/just-press-go-designing-self-driving.html

2014/06/05

清水三年坂美術館

明治期の美術品と海外で遭遇し魅力に取り憑かれて
京都に美術館を建ててしまった村田理如氏。
明治政府の外貨獲得の目的もあって名品の多くは、
海外に流れ日本には逆に名品が存在しなくなって
しまった。これが明治期の美術工芸品の低い評価の
理由であった。
Smeijigikou_0005
サザビーズやクリスティーズなどのオークション会社
から買い集めたコレクションが今、日本に戻った。
認識を新たにするため美術館へ行ってみませんか。
京都まで行かなくても関東の人なら銀座で見ること
が出来ます。
ただし、7月13日までです。
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html
■三井記念美術館
東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
■東京メトロ銀座線 三越前駅【A7出口】より徒歩1分
3nenzakaart2640
これを見て京都に行きたくなったら、、、

→清水寺を北へ出て、五条坂と松原通りの交差点を
北に上がれば、70メートルの四つ辻に珈琲店がる。
そこがイノダ清水支店(イノダ キヨミズシテン)。
そして更に30メートルで「清水三年坂美術館」

清水三年坂美術館
〒605-0862 
京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1
TEL:075-532-4270 FAX:075-532-4271

2014/06/04

調査士会と政連で合同懇親会

初めての試みで調査士会と政連で合同懇親会が開催された。
Goudousoukai4879
別々では発揮出来ない力が合同することで倍加してほしい。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »