« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015/02/28

ドローン機で測量

国土交通が揖斐川で飛行テストして測量実験が行われた。
直径約1メートルのドローン機に超小型写真測量機器を搭載
して、低高度から撮影を行った。
ドローン機は、UAV(無人航空機)と呼ばれ超高精度GPSの
搭載により5センチ程度の誤差と聞く。
Testdrone1033
また今、デアゴスティーニ・ジャパンから組立キットが書籍の
形で販売開始されている。52号で13万円くらい。
http://deagostini.jp/srd/
Skumitatedorone_6589
サイズは、長さ45cm 幅39cm 高さ9.5cm
重量 1.53kg 飛行時間 10分
GPS、帰還モード、飛行アシスト、3軸スタビライザー
搭載カメラ 1280×720DPI、AVIフォーマット
http://www.seka-apps.com/archives/5614/
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/290/290787/

2015/02/19

圏央高速道路全線開通

来月8日に圏央高速道路が全線開通する。
残っていた寒川~海老名間が開通してつながる。
そして遅れていた相模原インターも3月29日には
供用開始で通れるようになる!
Sicsagamihara826
2ヶ月早く出来てれば相模原の地主の家に遅刻
しないで済んだはず!残念。

2015/02/12

独身証明書

自分が独身であることを市役所に証明してもらう。
民法の「重婚の禁止」の規定に反していない証明。
市役所により200円から350円かかる。
Iamsingle801
もっとも婚活中の人だけに必要なものだが。
似たものに「婚姻要件具備証明書」があり、外国
籍の婚約者がその本国の法律で結婚できる要件
をそなえていると証明するもの。
どちらも既に請求条件も権利も喪失しているが。

2015/02/07

公共測量に基づく区画整理事業

基準点測量計画により実施された区画整理事業
の成果は登記調査に際しても公共DATAとして、
参酌すべきなのか。
土地家屋調査士の視点は、区画整理図面DATA
が公共あるいは準公共の意義を有しているかの
価値判断をなすことにある。これは、区画DATAが
適法に登記所に納入され有効に機能しているかを
判断する必要がある。この時、仮に有効に移管さ
れていなくても地権者が有効に承諾したと推定で
きる場合で、適切な調査により発見できる状態で
あるならば、土地境界の重要な調査資料として評
価していかなければならない。
Skukakuseirikantizu
その区画整理地域の中で整合した境界推定資料
の価値は現地の再現性や検証可能性にも影響さ
れるが、検討対象から外せない。
重要な境界資料であるが、登記所や市町村の扱
いは、必ずしも土地所有者に親切ではない。
現に立会しても5人中5人が10年ちょっと前の区
画整理の図面を持っていなかった。おまけに地籍
調査の担当者に聞いても区画整理の庁内資料の
状態を把握していなかった。
、、、今、支部で調査しようとしており、次回に!

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »