« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018/06/29

登記失敗しました。第2話

相続情報証明申出が取り下げになった。
正しくは「申出撤回」というらしい。
原因は調査不足(相続人漏れ、記載事項過多など)
添付する「相続情報」には実際に権利ある人しか
記載しない。ビックリしたのは亡くなった人の親も
記載不要である事。これは調査不要という事では
なくて、登記官から親の戸籍の中で今回死亡した
人の誕生の記載が必要と指摘された。
理解が及ばなかったのは母親の方の戸籍も同様
に必要と指摘された事。これは後で考える。
1393
今回は被相続人の子供と親に該当がなく、次順位
の兄弟が該当し、その代襲者も含まれる。兄弟の
場合、再代襲はないが今回は該当せず。
戸籍や原戸籍で地方の市役所に郵便で請求した
が戸籍に番地記載ないものまであり、だが取れた。
役所の対応は早く7日間といわず返送受けた。
栃木県の職員は添付コメントに優しい言葉が付い
ていた。ありがとう。
さて相続情報証明の細かい記載は別として余白
の問題に付いて上部不要、下部に5センチ以上
を心掛けたい。
そうでないと2枚目に法務局の認証が載る可能
性が出てくる。これは後々不便になる。
もう一つ、証明は、あなたが作った「相続情報」
の図表が使われるので、法務局が作る訳では
ない点にご注意。

2018/06/20

関東大震災は神奈川が震央

被害が大きかったため東京の地震と思って
いたが、実は秦野市あたりが中心だった。
逆に建物被害は神奈川の方が東京よりも
ずっと多かった。
Skanagawa_c
工事中の丸ビルが壊れ工事業者が300名
も亡くなった。神奈川のいくつものトンネル
が壊れ、山崩れも多発した。
混乱は東京で起きた。デマが飛び戒厳令
がしかれる事態になった。首都機能がまひ
する事の怖さが現代でもあり、高密度化し
たゆえのパニックが予想される。

2018/06/15

伊能図の関東版なら1万7千円税別


このところ江戸期の測量家いのうただたか「伊能忠敬」
の色々を目にする事が多い。
先週は新宿駅地下ショウスペースで「地図展」を見に
行ったが古地図特集も大勢の人が見ていた。
測量協会でも力を入れている。
出版も伊能図のカラー印刷が安く手に入るようになった。
分冊で関東・甲信越が2万円以下で買える。
全部だと13万円ほどになる。

興味のある人は上野の国立博物館の別館(資料舘)を
ぜひ訪ねて下さい。さらに大判の伊能図を堪能出来る。
地図はこつこつ足で稼いだ地図なので歴史と合成して
見る知識がないと、ガッカリする。
なんせ地球の大きさが不明で、解明する目的も持って
挑んでいた事を忘れては生涯の後半を傾注した偉人に
失礼である。眺めているとなぜか地球の丸みが地図か
ら浮かんで見えるような気がする。
Simg_2638
伊能図大全 第2巻 伊能大図  関東・甲信越
全集・シリーズ
伊能図大全 第2巻 伊能大図  関東・甲信越 〔巻別版〕
定価18,360円(本体17,000円)渡辺 一郎 監修
単行本 A4 ● 212ページ
ISBN:978-4-309-81232-8 ● Cコード:0325
発売日:2018.05.25


2018/06/06

アユ漁解禁

相模川では今年、調査開始以来最高の4600万匹の天然アユが遡上。
過去最多の二倍越えの遡上数を記。した。
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/wadai/machi/d041690.htmlS2sagamigawaayu_2565
相模川漁業協同組合連合会 電話210-3033
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/wadai/machi/d041690.html

2018/06/04

測量と地図の展覧会

今週6日から3日間だけ新宿駅で開催される。
明治時代の古い地図や昔の東京の姿が展示される。
各種のミニ講演会も「地図おたく」に受ける内容が
ラインナップされているので要チャック!
Smapsurvey20180606
2018年6月6日 2018年6月7日 2018年6月8日
  10:00~19:00まで(8日は17:00まで)
会場 :新宿駅西口広場イベントコーナー
主催 :「測量の日」東京地区実行委員会
/共催:東京都/後援:新宿区

2018/06/01

総会シーズン

土地家屋調査士会の総会に出席しました。
今回の総会に特徴的なのは、女性への配慮が具体的に
会則に反映された事でした。
女性の就業に不利な要素を極力減らす努力は、さらに
充実が必要になるでしょう。
Sstyousasikaisoukai_2526
一方で業務で大量に処理する登記情報の責任管理は
AIの進化とともに重要さが増しています。業務責任と
秘守義務と情報管理能力が問われました。
土地家屋調査士の未来が開ける会運営を望みます。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »